外壁塗装・屋根塗装の事前調査・現地調査とは見積書を作成する前におこなわれる調査になり、建物の大きさなどの形状や劣化状況・建物に使用されている材質などを確認する作業のことを指します。また建物の状況だけではなく、立地などもチェックすることで、建物が建っている環境に適した塗料で外壁塗装や屋根塗装をおこなうことができます。
この調査をおこなうことで、適切な施行内容などを把握することが可能になります。
業者にもよるのですが、この調査にかかる時間は、だいたい30分から1時間程度で、費用が無料のケースがほとんどです。では外壁塗装・屋根塗装の事前調査・現地調査はいったいどのようなことをするのでしょうか。
外壁塗装の場合、まず外壁の劣化具合をチェックします。専門業者の方が目視で外壁のひび割れや破損・コーキング劣化などを調査をおこないます。
その際に実際に外壁に触れることで、チョーキングや浮きなどの状態を確認します。また塗装面の種類や過去の工事などもしっかり聞き取りをおこないます。
屋根塗装の場合は、外壁塗装と同じく劣化具合をチェックします。屋根の錆の発生や曲がり、雨漏りなど発生していないかなどの確認をおこないます。
また屋根の素材を確認やチョーキング現象の確認なども実施します。屋根の調査方法は、実際に屋根に上って調査する方法やハシゴをかけて見る方法・カメラなどの機材を使って屋根の状態を見る方法などあり業者によって異なります。
面積の算出は、2種類の方法があり、図面を基に図面で数量を拾う方法と、図面なしで直接スケールやレーザー距離計などを使って建物の面積を出す方法があります。
立地の確認は日当たりなど建物に影響を及ぼす要因の他に工事をスムーズに進めるための周辺調査も実施します。
外壁塗装・屋根塗装の事前調査・現地調査を実施することで、図面や写真だけではではわからない建物の状況を把握することで、その建物に最適な塗料や補修方法を提案することが可能になる重要性が高い調査になります。