塗装を行うと、新築同然の見た目になる上に物件の寿命も長くさせられる様子からできるだけ速やかに施工を希望する方が少なくないものの、塗装を施工する際には湿度と気温の両方を思慮する必要があります。
湿度と気温の両方を意識する必要がある理由は塗料を開発しているメーカーが湿度が85%を超えている時、気温が5度を下回っている時には施工をしないように報知しているためです。
そのため、塗装を施す場合には水性塗料が使用される事例が少なくないですが、湿度が規定を上回っていたり気温が規定を下回っている場合には行わないようにしつつ、規定に近い環境化であるのなら油性塗料を使用すると安心です。
湿度が85%を超えている事や気温が5度を下回っている事が塗装を行わない方が良い条件である様子から、雨が多かったり著しく気温が低下する地域ではない場合は、1年間の中で施工が行いやすいタイミングが少なくありません。
そのように施工を行う地域の湿度と気温が規定の範囲内に収まりやすいのであれば依頼する時期も選ぶのが容易ですが、特に適している時期として挙げられるのが春もしくは秋です。
春もしくは秋は夏よりも気温と湿度が下がって空気が乾燥しやすいため、水性塗料を使用しても難なく綺麗に作業が完了させやすいです。
1年間の中でも良いタイミングが春もしくは秋だからこそ、施工を希望している方々の多くが依頼するタイミングでもあるので、施工を希望しているのなら早めに依頼するのがポイントです。