一般的に春(3月〜5月)は、外壁や屋根の塗り替えに適したシーズンだとされていますが、これは春は気温や湿度が安定していることに加えて、雨も比較的少ないためです。
外壁や屋根に使われる塗料は、気温5℃以上、湿度85%未満で、雨・雪・強風でないときのみ使用することができます。
春は、これらの気候的な条件を満たした日が比較的多いため、工事がスムーズに進む可能性が高いというメリットがあります。
一方で、春は塗装の予約が取りにくくなるというデメリットがあるので注意が必要です。
3月〜5月は外壁や屋根を塗り替える方が多い季節なので、春は塗装業者の繁忙期になります。
希望する日時で予約するのが難しくなるので、予約は早めに行うのがポイントです。
また、一般的に塗装に適さないとされる夏や冬とは異なり、大幅な割引が受けられないというデメリットもあるので、この点についても念頭に置いておきましょう。
なお、春は花粉が飛散するシーズンではありますが、花粉による影響はあまり心配する必要はありません。
外壁や屋根の塗装では建物の周囲にネットを張りますが、これは塗料が周囲に飛散するのを防止するのと同時に、周囲からのホコリや花粉を防ぐ役割も担っています。
完全に防ぐことはできませんが、近年の塗料は速乾性に優れていますし、そもそも花粉などの微細な粒子は多少であれば塗装に付着しても仕上がりにほとんど影響はありません。
そのため、花粉による影響を心配して春を避ける必要はありません。