夏は洗濯物が乾きやすいのと同様に外壁面や屋根などの塗り替えを行った場合にも乾きやすいため、乾燥が不十分によって早い段階で塗装面が剥がれてしまう事が容易に防げます。
また、塗り替えをする時には下塗りの後に中塗りを行い、その後上塗りをする段階に分かれているのですが、各々の工程には設けなければならない時間が定められているので、乾く夏であれば速やかに乾燥させるべき時間が経過して次の工程に移れます。
そして、塗り替えを行う業者に依頼が増えるのは春と秋なので業者の繁忙期は春と秋であるため、夏は1年間の中で業務に余裕が生まれる時期でもあります。
業務に余裕が生まれる時期にはより一層仕事を増やすべくキャンペーンを展開してますます利用しやすい環境を整えてくれるので、尚一層金銭的な負担を減らしたい時に重宝します。
夏に作業を依頼する時に気を配っておく必要があるのが梅雨であり、施工は雨が降っていなければ行う事が可能であるものの、湿度が85%を上回っていると作業が行えない決まりになっているため、連日雨が続く梅雨は85%を超えた状態になりやすいです。
塗料の仕上がりに影響する特性上、85%から下回らなければ作業を再開する事ができないので、夏に依頼をするのであれば梅雨明けを思慮したり入る前に依頼すると安心です。
さらに、夏に作業を行うと塗料や香りが室内に侵入しないように窓が開けられない点も知っておくと予め対策ができます。