外壁塗装を行う際には、作業がスムーズに行うことができる時期を選ぶことが良い方法です。
一般的には春や秋が非常に向いていると言われており、この季節は比較的風も穏やかで台風などの影響も少なく、塗料がなじみやすいと言うメリットがあります。特に秋は気温もそれほど高くなく、比較的穏やかな日が続くので非常に適していると言われることも多いものです。
夏は台風などの影響により風が強く、また雨にさらされるので塗料がなじみにくいと言う問題があります。
冬は雪などの影響により湿気を含んでしまうため、作業がしにくいことや何より寒いので職人達が嫌がると言うことも少なくありません。
そのため塗り替えに適した時期は3月から5月の春か、9月から11月の秋と言うことになります。
しかし秋に行う際には作業を依頼する側にとって、デメリットもあるので注意をしなければなりません。これは秋は作業がしやすくスムーズに進むため、なかなか予約を入れることが難しいと言う問題です。
実際に作業がしやすいことから塗装業者自らが秋に作業したいと提案することもあり、そのため非常に混雑しておりなかなか予約を取ることができません。
さらに繁昌記にあたるため業者によっては通常よりも料金が高額にすることもあり、この点に注意が必要です。
夏や冬は作業がしにくいと言われることも多いのですが、逆に業者によってはその秋をなくすために格安で作業を行うと言うことも多く、依頼する側にとっては金銭的なメリットがある場合も多いものです。