技術や塗料などの進化により1年間を通して塗装工事が行いやすくなってきていますが、
施工をしても良い湿度や気温などがしっかりと決められているため、冬以外を選ぶのも良い選択です。


そのような冬においても塗り替えをするタイミングとして選ぶと良い事があります。
1年間の中でも湿度が低く乾燥した状態が続きやすい時期であるが故に、
塗料の乾燥時間が短くすることができます。


塗装工事を行う際の湿度は85%以下と定められていますが、
冬は湿度が85%を超える事例が少なく、湿度の条件を整えやすいです。

乾燥している環境下で行えば空気の中に含まれている水分によって塗料の状態が変化してしまう事も無いため、
施工をした時にしっかりと施工面に密着するのに加え、縮みなども起こりにくくなります。

また、湿度が低いのは雨が降る日が少ない事でもあるので、
晴天が続きやすくて施工のスケジュールが組みやすいのも、冬に塗り替えを行うメリットのひとつです。