コーキングの種類

コーキングの種類は4種類あります。

シリコン系シーリング材

適した場所は浴室、洗面所、キッチンなどの水回りなど。
塗装との相性が悪い

変成シリコン系シーリング材
適した場所一般建築物の内外装の目地など。
塗装との相性が良い

ウレタン系シーリング材

ウレタン系シーリング材は弾力性を持ち、クラック補修や目地の補修に適している
塗装が前提

アクリル系シーリング材
湿った箇所にも使用可能 耐久性が弱い。
塗装が可能。リフォーム等ではほとんど使われない。


建物の構造上発生してしまう隙間をコーキング材は埋めるために必要なものです。
外壁のサイディングが環境の変化によって伸縮したり、自然災害などでサイディング反ったり、位置がずれたりする動きに追随し剥がれたりしないようにしなくてはなりません。
用途によってシーリング材の種類を変えて充填していきます。