チョーキングとは

チョーキングとは塗装面の表層樹脂が劣化し、塗料の色成分の顔料がチョーク(白墨)のような粉状になって顕われる現象や状態をいいます。

チョーキングが起こる原因として、
・太陽光の紫外線で表層樹脂が分解する場合。
・塗膜中の樹脂が加水分解されて起こる場合。
・塗料が十分に撹拌されず原材料の分離や沈殿により生じる場合。
・立地条件や使用条件に応じた耐候性のある塗料を用いていない場合。
などがあります。

チョーキングを発生を遅らせるために、隙間を埋める目的でクリアー樹脂などを塗布する。
立地条件や使用条件に応じた耐候性の優れた塗料を用いる。

また、チョーキングが生じている場合は、表層をはがし塗装を行なう。
などの対策を行う必要があります。