雨漏り100%解消します

雨漏り100%解消します
どのような雨漏りでお困りですか?

shuzen-03

申込手順
雨漏り調査の見積りは無料です。お電話いただくか、お問い合わせフォームから申込みいただくと、こちらから雨漏り相談申し込み用紙を送信致しますので、必要事項をご記入いただきご返送ください。なお、ご依頼いただかない限り費用は一切発生しませんのでご安心ください。
1 お問い合わせ・ご相談
お電話またはメールにて、お気軽にご相談ください。
2 ヒアリング・お見積もり
現在の状況など雨漏り調査に必要な情報をお聞きし、お見積もり書を提出致します。

3 ご依頼
調査内容、お見積もりにご納得いただけましたらご依頼ください。
4 現地調査
日程を調整し、担当者がお伺い致します。
5 お支払い
調査後、1週間程度で報告書を作成・提出致します。提出前に費用のお支払いをお願い致します。

※調査後、雨漏り 修理が必要な場合は 改めてご相談ください

タイプ別雨漏り調査

築10年以内の住宅の雨漏りの場合

築15年以上の住宅の雨漏りの場合

築30年以上の住宅の雨漏りの場合

彫り込み車庫の雨漏り

繁華街の雑居ビルの雨漏り

地下の雨漏り

築年数別に見る雨漏り

築10年未満の住宅の雨漏りの場合は住宅瑕疵(かし)担保責任保険が適用されますので、まずは建ててもらった工務店(事業者)へ問い合わせていただき、瑕疵保険に加入していることを確認されることをお勧めします。
保険のタイプによっては調査費用も保険が適用されることがありますので、ご確認いただくことをおすすめします。
築15年以上の住宅の雨漏りの場合は、建物のあらゆる部位で経年劣化が進行していることが予想されます。その場合は雨漏り修理というより改修工事になる可能性も高くなります。
雨漏り119大阪中央店では、雨漏り調査から修理・改修工事まで承っておりますのでお気軽にご相談ください。
また雨漏りの修理(修繕)工事を行った際には、リフォームかし保険への加入をおすすめします。

雨漏り調査、修理(修繕)工事が難しいケース

築30年を超える住宅の雨漏りの場合、特に屋根が原因であることが大半ですが、平屋の木造アパートなどの古い瓦ですと調査のために屋根に上がるだけで瓦が割れてしまうことが予想されます。
その場合は部分補修はできませんので屋根の改修工事をご計画されることをおすすめします。
また手で触れただけで瓦が割れるような状態では調査はできませんのでご了承ください。
彫り込み車庫の上に建築されている家の、彫り込み車庫天井からの雨漏りも比較的多いケースですが、現実問題として修理できるケースと修理できないケースがありますのでご了承ください。
繁華街中心部に乱立している雑居ビルは、隣接するビルとの境界が狭くメンテナンスができないことが多いので、築年数が経過すると雨漏りすることが多いです。
雨漏り箇所によっては足場が立てられないなど修理(修繕)は困難なケースもあります。また外壁に看板がたくさん設置してあると調査もできないケースがありますのでご了承ください。
地下部分が部屋になっていたり、駐車場スペースになっている構造でも雨漏りすることが多いですが、雨水浸入の原因箇所が地面に埋まっているので修理工事は難しくなります。
また調査も困難でお断りするケースもありますのでご了承ください。

雨漏り止めに失敗しないために
雨漏り止めに失敗する方が後を絶ちません・・・。理由は至って簡単。調査費がかからない業者のあてずっぽうな工事に任せてしまうからです。これは検査をしないで手術するのと同じくらい危険な行為です。

雨漏り119
失敗しないためにはまず、原因を突き止めるための調査を行い、原因がはっきりしてから修理工事を行うことです。

雨漏りを止めるために最も確実な方法は、調査から修理まで一貫してご依頼いただくことです。彩Finishでは雨漏りしなくなったことを確認してからお引き渡しをしておりますので再発することがありません。

わかりやすい調査報告が人気

調査報告書
彩finishの調査には根拠があります。
プロ・アマ問わず、誰が見てもわかりやすい調査報告書を提出しています。

雨水侵入ルートまで記載された
わかりやすい調査報告書を提出します。

※住宅瑕疵担保責任保険にも対応
雨漏りの根本原因解決が重要
「うちの家は確かに雨漏りしているが、少量だし何故壁を捲ってまで修理をするんだ。補修でいいんじゃないか?」と思われる方がいらっしゃると思います。確かに雨漏り修理だと言ってシーリング材で隙間やひび割れを埋めたり、割れた瓦を差し替えたりする程度の業者はたくさんいます。日本の雨漏り修理、調査会社の大半はそうじゃないでしょうか。
雨漏り
しかし、本当は大怪我をしているのに傷口にバンドエイドを張って長期間において放っておく事はあり得ないのでは?

雨漏りは応急処置だとかなりの確率で数年で再発しやすいのです。
何度修理しても雨漏りが止まらない、すぐに再発するという時は、根本原因が解決していないからです。
彩finishでは応急処置は勧めません。あくまで根本解決を推奨しております。
雨漏りのスーパードクター

赤外線サーモグラフィ調査・散水調査

“雨漏り補修工事を行ったのに止まらない”  “一度は止まったけど再発してしまった” というケースは少なくありません。
彩finishでは再発を防ぐため、目視調査だけの感に頼った作業は行いません。雨漏りの原因がわかるまで、先ずは徹底した原因調査から始めます。

雨漏りは補修しますか?修理しますか?
例えば、シーリング材で隙間やひび割れを埋めたり、割れた瓦を差し替えたりするといった補修作業(応急処置)では、雨漏りは再発する可能性が高くなります。雨漏りを修理するということは、雨漏りの根本原因を完全に直す(解決する)ことです。彩finishでは、根本治癒を基本コンセプトとしています。
現地にお伺いしての目視による確認作業は無料ですが、原因究明のための調査作業は有料とさせていただいております。
病院に例えるなら、手術を行う前の胃カメラやレントゲン撮影に当たります。確かな調査により原因を突き止めることで根本治癒へとつながります。
雨漏りを解決できる3つの理由

1 今まで不明だった原因を研究
赤外線サーモグラフィー調査
赤外線サーモグラフィー調査とは、雨漏り原因を突き止めるために建物を高感度赤外線カメラで撮影して検査する方法です。 雨漏り119の高感度赤外線カメラは国内最高画素数を誇り、世界シェアNo.1のフリアー社製カメラを導入しています。

また世界のサーモグラファーの90%が受講しているITCトレーニング研修修了者が調査に当たっています。もちろんこれまでの実績は100%雨漏りを解決に導いております。

2 散水調査で確実に原因を確定

散水調査
散水調査とは、建物の思わしい部位に水をかけてみて雨漏りの再現を試みる調査方法です。 散水調査は一見誰にでも出来るように思われがちですが、そんな簡単なものではありません。

雨漏り119では、散水調査にマイスター制度を導入しており、厳しい研修と修了試験に合格した者だけが散水調査に当たっています。これまで100%雨漏りを再現しております。
プロからも選ばれる圧倒的な実力
shuzen-32
彩finishは、一般のエンドユーザー様より工務店様や設計事務所様、不動産業者様、保険法人様など業者様からのご相談が多く寄せられています。 それぞれの業種のプロが選ぶプロとして、あるいは何度修理しても止まらない雨漏りの駆け込み寺として、最後の神頼み的な存在として広く支持されています。

雨漏りに困っているユーザーを第三者的立場で救うを理念に、誰が悪いかを問うのではなくあくまで中立的な立場で、雨漏りを止めるということだけに全力を注ぎます。

 
調査費用
散水調査
赤外線調査
お見積り無料