赤外線雨漏り調査費用

赤外線雨漏り(サーモグラフィー)調査費用

基本料金(報告書込)
¥180,000~
※ 戸建て住宅を対象とした雨漏り119グループ全国一律基本価格です。
(雨漏り119大阪中央店の担当は、大阪を中心に車で2時間程度のエリアまでとなります。)
※漏水箇所が複数ある場合、撮影枚数増によって割増となります。¥2,500/枚(可視・赤外線セット)
※建物前面道路が狭く撮影が困難、4階建て以上のマンションなど高層階の撮影など、高所作業車が必要な場合は、
 ¥40,000~60,000/日(別途オペレーター費用 ¥25,000/日)が必要となります。

赤外線雨漏り(サーモグラフィー)調査とは

赤外線雨漏り(サーモグラフィー)調査
赤外線雨漏り(サーモグラフィー)調査とは、雨漏りの原因を突き止めるために建物を高感度赤外線カメラで撮影して検査する方法です。

雨漏り119の高感度赤外線カメラは国内最高画素数を誇り、世界シェアNo.1のフリアー社製カメラを導入しています。また世界のサーモグラファーの90%が受講しているITCトレーニング研修修了者が調査に当たっています。

もちろんこれまでの実績は100%雨漏りを解決に導いております。

雨漏り補修前に原因を明確化できます

赤外線サーモグラフィ調査では、非接触・非破壊・リアルタイムで建物の温度変化を計測することで、雨漏りの侵入経路を見える化し、目視や散水調査では分からない雨漏りの原因を正確に特定することができます。 雨漏りで水が流れている箇所は、周囲に比べて温度が低くなるため、これを応用したのが赤外線サーモグラフィを活用した雨漏り調査方法です。

赤外線サーモグラフィー雨漏り調査の様子

【木造住宅の雨漏り赤外線調査〔参考動画〕】
赤外線サーモグラフィー漏水調査の様子です。対象建物から少し離れて建物全景を客観的に撮影します。

赤外線雨漏り(サーモグラフィー)調査に向いている建物条件

●金属屋根
●調査対象面と隣地建物との距離が4m未満の外壁または建物
●周囲が建物に囲まれている建物の外壁が対象の物件
●建物周囲が木々や電線などで囲まれている建物

 
 赤外線調査では、建物を客観的に撮影し、温度分布を確認することで雨漏りのメカニズムの見える化を図るものです。
 赤外線カメラがあれば誰でも雨漏り原因がわかるというものではありません。



赤外線雨漏り(サーモグラフィー)調査の様子

ベランダFRP防水の赤外線雨漏り調査
FRP防水のご説明、FRP防水のデメリットを紹介します。
屋上アスファルト露出防水の雨漏り調査
アスファルト露出防水、アスファルト露出防水の弱点のご説明
ベランダ手すり壁スリットからの雨漏り調査
ベランダ手すり壁スリットからの雨漏りも赤外線カメラでみると明確にメカニズムが判明します
カラーベスト屋根からの雨漏り赤外線調査
他社は外壁を疑って迷宮入りしていたケースです。散水調査と赤外線調査を併用し、一発で原因を特定しました。
外壁磁気タイルの浮きからの雨漏り赤外線調査
外壁磁気タイルは経年劣化や地震などの揺れに追従できず剥離してしまうことがあり雨漏り原因となりやすくなります
和室床の間からの雨漏り赤外線調査
和室床の間天井へ雨漏りは見た目では分からないことも多いいです。
ルーフバルコニー防水の雨漏り赤外線調査
外壁から浸入した雨水が立ち上り防水層の裏側にまわり雨漏りしていました。原因がわからないまま防水だけやり替えても雨漏りが防げない場合もあります。
カラーベスト屋根の毛細管現象 赤外線調査
カラーベスト屋根の毛細管現象を捉えた貴重な赤外線画像です。
外壁サイディング通気工法の雨漏り赤外線調
外壁サイディング通気工法は雨仕舞いに優れた外壁構造の建物です。 本来は雨漏りする確率はきわめて少ないはずなのに雨漏りが多いです。
マンション廊下天井の雨漏り赤外線調査
マンション廊下天井の雨漏り赤外線画像です。
調査費用ボタン

散水調査ボタン

赤外線調査ボタン