スタッフブログ

コーキングの種類

2015年2月27日|カテゴリー「外壁塗装
コーキングの種類は4種類あります。

シリコン系シーリング材

適した場所は浴室、洗面所、キッチンなどの水回りなど。
塗装との相性が悪い

変成シリコン系シーリング材
適した場所一般建築物の内外装の目地など。
塗装との相性が良い

ウレタン系シーリング材

ウレタン系シーリング材は弾力性を持ち、クラック補修や目地の補修に適している
塗装が前提

アクリル系シーリング材
湿った箇所にも使用可能 耐久性が弱い。
塗装が可能。リフォーム等ではほとんど使われない。


建物の構造上発生してしまう隙間をコーキング材は埋めるために必要なものです。
外壁のサイディングが環境の変化によって伸縮したり、自然災害などでサイディング反ったり、位置がずれたりする動きに追随し剥がれたりしないようにしなくてはなりません。
用途によってシーリング材の種類を変えて充填していきます。

フローリングの傷

2015年2月25日|カテゴリー「滑り止め施工
傷の種類は主に塗膜表面につく傷と、素材自体につく傷の2種類に分けられます。

塗膜表面につく傷
家具などの引きずりにより傷ができます。
床と家具が擦れ合うことで塗膜表面に細かい引っ掻き傷がつきます。

素材自体につく傷
塗膜では保護できないほどの大きい衝撃を与えることで傷ができます。
面積が広い衝撃には強いですが面積が狭い(棒など)衝撃には弱いです。


傷をつけないために
床にワックスをかけ、素材自体を傷つけないようにする。
床と家具の間にクッション材を挟む。
こまめに掃除をし、汚れによる傷を防止する。(小石や砂利は細かい傷がついてしまいます)
物が床に落ちないように(衝撃を与えないために)滑り止めシートを使う。


もし床に傷がついてしまったら
浅い傷の場合、補修用ペンやクレヨンなどで傷を隠します。
深い傷は、パテなどで補修します。

パテの修復方法
傷がついた部分の汚れや木えぐれている場合ささくれを取り、なだらかにします。
その後、補修パテを埋め込みます。このとき、少し盛るくらいにパテを埋めます。
パテが乾いたらフローリングとなじむようにペーパーなどで整えます。
その後、木目と同じ色のペンで木目を描いてできあがりです。

コーキングとシーリングの違いは?

2015年2月20日|カテゴリー「外壁塗装
コーキングとは
気密性や防水性のために施工される隙間を目地材などで充填すること。

シーリングとは
気密・水密密性を維持し、防音・断熱のためなど充填材などで塞ぐこと。

二つとも共通することは充填材で塞ぐということです。
では二つの違いはなんでしょうか。


JIS(日本工業規格)では、
シーリング材を構造体の目地、間隙部分に充填して防水性、気密性などの機能を発揮させる材料。

油性コーキング材を展色材(天然樹脂、合成樹脂、アルキド樹脂など)と鉱物質充填剤を混合して製造したペースト状のシーリング材。相対変位の小さな目地のシールに使用される。鉱物質充てん剤として、石綿は、現在使用が禁止されている。

と規定しています。

しかし現場などでは、あらかじめ形が決まっているものをシーリングと呼び、
チューブ容器に入っていて専用の押出し機であるコーキングガンで施工する樹脂性の物をコーキングという事が多い。
コーキングとシーリングは同義語として使われる事が多く、会社などによってコーキングかシーリングかは厳密には決まっていないのが現状である。

コーキングもシーリングも正確には違うものですが目的は一緒なのであまり違いはないようです。

ワックスはなぜかけるのか

2015年2月18日|カテゴリー「滑り止め施工
床にワックスをかける理由は大きく3つあります。

1.床の保護
2.掃除の軽減
3.フローリングの美粧

1.床の保護
フローリングにワックスをかけることで床に膜を作るので、キズや汚れがつきにくくなる。

2.掃除の軽減
キズや汚れが付きにくくなるので、掃除が簡単になる。

3.フローリングの美粧

ワックスをかけることで床の傷を隠し美しく見せる。


ワックスをかけていたとしても歩いたり椅子を引いたりして床は少しずつ傷ついていきます。
剥がれたり、溶けたりと数か月で消耗します。
さらに、傷をつけずとも自然劣化によりワックスによるフローリングの光沢が徐々に失われていきます。

そのため、定期的なワックスがけが必要になります。
ワックスの種類にもよりますが、大体半年に1回、塗り重ねて、5年に1回塗り直しとなります。


SGSトップコートは、従来のワックスとは異なり、汚れやキズから床を守る
防汚効果も兼ね備えています。
さらに、素材の風合いを生かしたドライタイプと、より光沢が出るウェットタイプの2種類があり
お客様のご希望に合わせてご提案させていただきます。

Sビルの階段等の滑り止め施工

2015年2月16日|カテゴリー「滑り止め施工
今回Sビルの滑り止め施工を行いました。

まず初めに、エフロ除去を行います。
201502161130353f3
20150216113034f3c


エフロというのは、エフロレッセンスというもので、セメントの成分がコンクリート表面に染み出た白色の物質のことをいいます。


その後、黒ずみ除去・階段の洗浄を行います。
201502161133435ce
20150216113344290


その後、防滑材を塗布して完成です。

20150216113504279



左が施工後 右が施工前です。 

2015021611350707e

201502161135067df

エフロも綺麗に取れて、滑り止め効果も発揮されます。


《スリップガードシステムによる滑り止めの原理》
石材に含まれる軟らかい成分を特殊液剤との化学反応で溶かし床材に7マイクロメートルの穴をあけます。

床が濡れると穴の中に水が入り、足底との吸盤力が強まるので、水の移動が抑えられて滑りにくくなるのです。